ストーリー
 
 
                 
    舞台はとある一軒の宿。

主人公は、その宿に憑いている神様(自称)です。

そして、この宿は「あの世」と「この世」の途中に建っているのでした。


宿で働いているのは二名、女将の若菜とお手伝いの翔子。

お客様はさ迷っていた魂達。

宿には一人、また一人と客が増えていき、安息であり、

騒がしい時を過ごしながら、それぞれが


「何故自分が成仏できず、さ迷ってしまったのか」
 

を考えていきます。


しかし、宿の神様は大の女好き。

隙あらば女の子に抱きついたり胸を触ったりして、

お客様達のひんしゅくを買っています。

果たして神様は、目的の女の子を成仏・昇天させることが

(一応させるつもりはある)できるのでしょうか。
   
                 
  庭園   部屋   露天風呂  
 
     
© 2006 White Cyc